ラベンダー ポプリ

ラベンダーポプリ日記

日々の生活の中で感じたことを徒然なるままにお届けします。

(155)ゴーヤー植え夏乗り切ろう(2022.5.1(日))📌

読了までの目安時間:約 3分

第155回     2012.5.29(火)

 

 

 

 

 

 

 

「ゴーヤー植え夏乗り切ろう」

 

 

 

 

 

   

 

   「5月になると、もう気温も、ぐんぐん上がり、やもすると25度以上の夏日になります。は、だらだら汗が出てくるんです。お昼すぎると、私の部屋は西日が、差すもんで、たまらなく暑いんです。「日差しを、さえぎる手だては、ないのだろうか?」と考えてしまいます。

 

 

 

 

    ふとチラシを見ていると、「ニガウリ」(ゴーヤー)が目に留まりました。「ゴーヤーの種を買って来て植えてみようかな」と私は思いました。

 

 

 

 

    実は「ゴーヤーが大きくなれば日差しを、さえぎって少し温度も下がり涼しくなる」とNHKのニュースで聞いたことがありました。おまけにゴーヤーを料理にも使えるので一石二鳥。ゴーヤーチャンプルも作ろうっと。

 

 

 

 

‎     主人、息子、もちろん私も大好きだから。‎夏バテ‎‎防止にもなるし夏を乗り切ろうと本当に思います。 ‎‎早速‎、主人に言って買ってもらおう。 「ゴーヤー」の種を」‎

 

 

 

 

 

 

 

★2012年の事でゴーヤーは育ちました。あの頃は懐かしかったなぁ。

(154)心が通じ合う積極的声掛け(2022.4.2(土))📌

読了までの目安時間:約 3分

第154回       2009.4.3(金)

 

 

 

 

 

 

 

「心が通じ合う積極的声掛け」

 

 

 

 

 

   

   「先日、友達と二人で喫茶店でコーヒーを飲んでいました。「ちょっと郵便局に行ってくるわ」と席を立ちました。

 

 

 

 

    この喫茶店の店内スペースは少し狭く、両隣には3,4人腰掛けています。杖をついて歩いている私には、ちょっと通れない。私は困ったなぁと思いましたが、楽しくおしゃべりをしている方に思い切って声を掛けました。

 

 

 

 

    私は「あのぉ!済みません、少しイスを引いてもらえませんか?通れないもので」と笑顔で言いました。すると、「あっ!どうぞ」と両隣の方たちは優しくてイスを引いてくれました。みんな気持ちのいい方だと私は思い、爽やかな顔が印象的でした。

 

 

 

 

    私は「勇気をもってお願いしたのが正解だったなぁ。みんなの心が通じ合ったんだ」と、ちょっと気持ちが大きくなり幸せな気分になりました。

 

 

 

 

 

    皆さんのお陰です。ありがとうございました。今度から、積極的に声を掛けようとウキウキしながら…」

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん!お陰で少しずつ意識が変わってきました。とてもワクワクしています。

(153)優しい店員さん(2022.3.9(水))📌

読了までの目安時間:約 2分

第153回     2007.3.16(金)

 

 

 

 

 

 

 

「優しい店員さん」

 

 

 

 

 

 

   「寒いのが苦手なは、大型ストアで肌着を買おうと思いました。

 

 

    暖かなに向かって、今の時期肌着も残り少ない。どれも、ちゃんとした上下のものはなく、ありあわせでは、ちょっと困る。ちょうど女性店員さんが来て、私が「上下の肌着はないですか?」と聞きました。

 

 

 

    

    ニコニコ笑顔の店員さんは「はい!探してみますね」と丁寧な言葉。「これは、どうでしょうか?」と一生懸命に探してくれ、それも、ぴったりフィット。

 

 

 

    

    店員さんは今度はレジまで持って行きました。そして、おじぎをすると「また、いつでも、来てください」と言い、優しい方だとつくづく思いました。めったにいない、気を配る方だと私は思いました。本当に感謝、感謝」

 

 

 

 

 

 

 

★これは、2007年の事です。当時は活気がみなぎっていました。

(152)身障者設備の年齢制限疑問(2022.2.23(水))📌

読了までの目安時間:約 3分

 

第152回       1998.2.25(水)

 

 

 

 

 

 

「身障者設備の年齢制限疑問」

 

 

 

 

 

 

 

  「障害者で、時々病院に行きリハビリをしています。

 

 

    

 

   この前、宮崎市総合福祉保健センターに行きました。いろんな設備があり、プールもありました。センターには、看護師さんとリハビリの方が2人います。火曜日と木曜日に運動をします。

 

 

 

     

 

   高齢者は40歳以上を対象として機能訓練をしています。若い人は高齢者ではないので、火、木曜日だけ行って、月、水、金曜日は入れないのです。

 

 

 

 

 

   身障者は、赤ちゃんから老人まで、たくさんいると思います。私は、もうすぐ40歳になりますが、まだまだ若い人たちは、いると思います。自由に開放すれば、だれでも入れます。

 

 

 

 

    

   本来、市民のための総合福祉センターであり、年齢制限もなく、身障者が住みやすくリハビリができる施設であると私は思います」

 

 

 

 

 

 

 

★これは1998年の事です。私は今腰痛で、プールは出来ない状態です。

  

(151)心動かされる街中のピアノ(2022.1.15(土))📌

読了までの目安時間:約 2分

第151回     2019.1.8(火)

 

 

 

 

 

 

 

「心動かされる街中のピアノ」

 

 

 

 

 

 

 

   「何の気もなしにNHK・BSをみました。目に飛び込んできたのは「駅ピアノ」でした。は、もう、くぎ付けになりました。このピアノは誰でも弾いていいと設置されたそうです。

 

 

 

   

 

    映像を見ると、そこはアメリカ・ロサンゼルスのユニオン駅。世界中いろんな国々の人たちが行き交う場所です。私は、素敵だと思い、見入っていました。登場した中国人の高校生。を音楽プロデューサーかアーティストとか。

 

 

 

 

   

 

    そういえば、宮崎市橘通3丁目の、みやざきアートセンターには1台のピアノが置いてあります。私は以前、近くのベンチに座っていると、男性がピアノを弾いていました。楽しくてワクワクしたのを覚えています。曲名は分かりませんでしたが、いろんな思いが頭の中を巡り、夢が広がるようで…。私はピアノは弾けませんが、見て感じて楽しければ、それは最高と思います。音楽の素晴らしさに感動しています」

 

 

 

 

 

 

 

ピアノは橘通3丁目で時々見かけます。誰かが弾いているとワクワクします。

1 2 3 31
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
カテゴリー