娘の判断

ラベンダーポプリ日記

(19) 娘の靴下(2017.6.26(月))📌

読了までの目安時間:約 2分

第19   2006.3.24(金)

 

 

 

娘の靴下」

 

 

「今日は天気もいいし洗濯をしようと思い洗濯機バスタオルなどを、どっさと入れ洗剤も入れて、ぐるぐる回しました。洗濯物は山ほどありました。ピッピッピッ」。洗濯機鳴り響いて止まりましたかごバスタオル靴下を入れていると、の開いたが見つかった。これは靴下です。しかも親指の所がほげいました。伸びて大きくなった証拠です成長したんだなぁ…。は、うれしくなって、ちょっと潤んできました靴下てようかどうしようかといましたいっそのこと、それを捨てて新しい靴下買ってあげようかとも思いました。いやい、もしかすると、その靴下には何かいわれがあるに違いないと。それはなんだろうとそんなことを想像すると、に思い楽しくなりました。とにかく、まぁ聞いてみようと思いました。の開いた靴下を捨てていいものか、と。洗濯物を外に干し、さわやかな空気を吸って、のどこかでのことを思っていました。が、その日聞こう聞こう思っていましたが、つい忘れてしまい、以来そのまま言いそびれしまいました。今でも、あの靴下は時々洗濯機の中で見掛けます。まぁ判断に任せるかと今はいます」

 

 

娘の靴下いわれは聞いていません。現在は2人の子供がいて子育に奮闘しています。

 

この記事に関連する記事一覧

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
カテゴリー