幸運のお守り

ラベンダーポプリ日記

(36) 幸運のお守り (2017.7.24(月))📌

読了までの目安時間:約 2分

第36回 2007.8.16(木)

 

 

 

「幸運のお守り」

 

 

「時々朝にバス停で待っていると「」と小さくクラクションを鳴らし、っておじぎをするタクシー運転手さがいます。も、おじぎを返します。見ていて「何とも、さわやか優しい運転手さ」と思っていました。あれはが降りだしたのこと。は自宅から携帯タクシーを呼びました。待つこと5分タクシーが来ました。「今日は、ちょっと早く来たな」と思いましたがタクシードアを開くと「お久しぶりです。やっと会えました」と運転手さん。「あっ!」と運転手さ顔を見ると、すぐに誰か分かりました。14年前に、脳出血で倒れました。退院した後、通院するのにタクシーを使っていて、お世話になったのです。の行動をいつも見ていたタクシー運転手さんは「ここまでなって、頑張ったんだね」と言われました。は当時の面影が、よみがえり本当に懐かしくが出そうになりました。すると運転手さんが「四葉のクローバー幸運お守だから、いい事があるよ。これはプレゼント」と小さな、しおりを頂きました。!良いんですか?」と、うれしくってが、いっぱいになりました。運転手さんに「大切にしますね」と、お礼をいいました。は、いつまでも手を振って笑いながら深くおじぎをしました。運転手さん!ありがとうございました」

 

最近タクシーの運転手さんたち、とても優しいです。このしおりは大切にしています。ラジオ「土曜に乾杯!」で放送されました!

 

この記事に関連する記事一覧

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
カテゴリー