環境整備

ラベンダーポプリ日記

(119)身障者配慮の都市整備願う(2020.4.8(水))📌

読了までの目安時間:約 2分

第119回   1997.4.12(土)

 

 

 

 

 

 

「身障者配慮の都市整備願う」

 

 

 

 

「先日、新聞にアメリカのバスのことが書いてありました。それは、アメリカのある都市の公共の路線バスで、車いすでも、乗り降りできるリフト付きバスでした。また、街中の交差点歩道などの段差をなくすように、町づくりを進めている都市もあるそうです。日本では身障者が利用できるリフト付きバスというと、公共の路線バスでは東京大阪などの都市でノンステップバスが一部で走り始めただけですが、あとは社協福祉施設などが所有しているぐらいです。これでは、個人が自由に利用できる機会もなく、存在すら知らない人も多いと思います。最近、ようやく障害者のことを考えた環境整備など分野にも力が注ぎこまれていますが、障害者が利用する立場になって、つくられているものは少ないのでは…。普及が進む欧米に比べ開発が遅れていると思います。今後ますます高齢者が増え、障害を持つ人たちも増える社会が来ることを考えると、すべての路線バスにリフト付きバスを、とまでは言いませんが、せめて道路や街並みの整備ぐらいは早期にして欲しいし障害者でも自由に利用できる公共の交通機関の充実を願っています」

 

 

 

 

 

 

 

『ノンステップバス』利用する方が多いです。本当にありがとうございました。

 

この記事に関連する記事一覧

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿
カテゴリー