ラベンダー ポプリ

ラベンダーポプリ日記

(168)印象に残った応援の運転士(2023.6.3(土))📌

読了までの目安時間:約 2分

第168回    2020.6.27(土)

 

 

 

 

 

 

 

「印象に残った応援の運転士」

 

 

 

 

 

  「バスは定刻通りにきては「ニモカ」をかざし席に着きました。「こんにちは」と私は透かさず運転士さんに、あいさつしました。すると「こんにちは」と爽やかな声の運転士さん。「次は○○で~す」と軽やかで、それでいて言葉も丁寧な感じで。

 

 

 

 お客たちと向き合いながら一人、一人応対しています。私は、とてもワクワクしています。今までにない新鮮な気持ちが伝わってきました。なんてすばらしい方なんだろうか。

 

 

 

 車内右上のボードには、運転士さんの名前とともに「小林」の文字。先日違う運転士さんに聞いたところ、宮崎地域の運転士さんたちが人員不足のため小林営業所の皆さんたちが応援に駆け付けたらしいと。

 

 

 

 その運転士さんの、ぬくもりや優しさが強く印象に残っています。こんな方は、めったにいないと、つくづく思いました。頑張ってください。また、会いたいです。

 

 

  

 

 

★その方は、小林営業所に勤務しています。また会いたいですね。

 

 

 

(167)運転士さんの心遣いに感謝(2023.5.10(水))📌

読了までの目安時間:約 2分

第167回   2019.5.24(金)

 

 

 

 

 

 

 

「運転士さんの心遣いに感謝」

 

 

 

 

 

 

 宮交シティからバスに乗り、橘通3丁目で降りようとすると、幅が広くて難儀でした。高齢者や障害者が本当に苦労するんです。

 

 

 

 「すみません、少し寄せてください。降りられないもので…」とお願いしました。運転士さんは前にトラックが止まっているため、寄せることができない状態だったのか?少し考えた運転士さんは、ブレーキを止めツカツカと下に降り「大丈夫ですよ。手を貸しますので」。私は驚きました。それでも、嬉しいやらドキドキやらで、運転士さんの心遣いに感動しました。

 

 

    

  私がそっと手を添えると、ゆっくりと降りてくださった。おまけに丁寧におじぎをし、なんて素晴らしい方だろう。私は笑顔で、お礼を言いました。

 

 

 

  あの運転士さんの言葉に私は胸がジーンときました。多分、ずっと印象に残る事だろうな。バスの運転士さん。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

★今私はバスには乗れないですが、あの運転士さん本当に優しかったなぁ。

(166)バスの中での対応さまざま(2023.4.4(火))📌

読了までの目安時間:約 2分

第166回    2019.4.2(火)

 

 

 

 

 

 

 

「バスの中での対応さまざま」

 

 

 

 

 「バスに乗ると、いつもの座席には女性が座っていました。は右半身不随なので右側は難儀でした。

 

 

  すると女性が「あっ!替わりますね」と、直ぐに対応していただきました。なんて親切な方なんでしょうと私は嬉しかったんです。下車するとき、女性の方に「ありがとうございました。お疲れさまでした」と私は手を振りながら、おじぎをしました。女性の方も丁寧な言葉で、それも私は感謝したくなるんです。

 

 

  でも、ある日「席を譲ってください。右側の座席は難儀なもので…」と私が言うと、男性は「なんで替わらんといかんのか」とピシッと、それも強い口調で拒否されたんです。運転士さんも困った様子でした。

 

 

  私の説明が不十分だったのか?男性が怒っている意味が私にはわからなかった。本当に泣きたくなるほど、つらかったんです。優しい、あの女性の方とは「雲泥の差」だと私はつくづく思いました」

 

 

 

 

★優しい方は沢山います。たまに分からない方もいますが。

(165)気さくな女性出会いに感謝(2023.3.25(日))📌

読了までの目安時間:約 2分

第165回   2022.3.31(木)

 

 

 

 

 

 

 

「気さくな女性出会いに感謝」

 

 

 

 

 「市内の喫茶店での好きな場所があります。まずトイレがすぐにあり、そして、かどの所にテーブルと椅子が置いてあります。今はコロナ禍で感染予防のため、ついたてのボードが設けています。

 

 

 

  今日は、そこに行こうと、ウキウキしながらドアを開けると、お年寄りの女性の方が座っていました。なので違う場所に座ろうと思いました。

 

 

 

  すると「ここ、いいヨ」とニコニコ笑って言った、お年寄りの方。私は「あっ!いいえ、良いですよ」とを置いてバッグを下ろそうと思ったら「いいんだよ。お互いさまやが」とお年寄りの方は朗らかで、すぐに移動して、くださりました。

 

 

 

  私は優しいなと思い「ありがとうございます」とお礼を言いました。見ればその方も、杖をついていて申し訳ないなと、それでも私は感謝しても足りないほどで本当に嬉しかった。

 

 

 

  お年寄りの方は「また会おうね」と笑いながら帰られました。なんて気さくな方だろう。私は頭の中で、こんな方は、めったにいないと、つくづく感じました」

 

 

 

 

 

★こんな方は、なかなかいません。とても、優しい方です。

(164)先輩と再会し励ましもらう(2023.2.16(木))📌

読了までの目安時間:約 2分

第164回    2020.3.2(月)

 

 

 

 

 

 

 

「先輩と再会し励ましもらう」

 

 

 

 

 

   

 「用事を済ませ、橘通3丁目のバス停に着きました。するとベンチに座っていた先輩と偶然再会しました。お互いに懐かしくて元気な姿に目が潤みます。「お久しぶりです」と私。

 

 

 

 

 先輩は私と同じ障害者です。先輩は病院で受診を済ませ、帰ろうとバスを待っていたらしい。「時々あなたのこと、どうしているのかなと思ってた」と先輩。私は椎間板ヘルニアを患い本当に難儀だといいました。先輩も「いろいろあって、がついていけなくて…」と話していました。

 

 

 

 

 「でもね!なんとかなるよ。ここまでやってこれたから。お互いに頑張ろうね」と、励ましの言葉をいただきました。そうだよね。がむしゃらに、それでも困難な状況に挑み、何とかなるものだと私でさえ思います。

 

 

 

 

 これからも希望を持って、お互いに精一杯、前向きに生きていこうとワクワクしながら…」

 

 

 

 

 

 

先輩と話すと元気が出ます。素敵な方です。 

(163)出会って幸せ!(2023.1.23(月))📌

読了までの目安時間:約 3分

第163回   2019.1.15(火)

 

 

 

 

 

 

 

「出会って幸せ!」

 

 

 

 

 

 

 「朝、あいにくの雨です。外出をバスでしようか?タクシーでしようかと考えていました。いっそのこと家で過ごそうか?テレビで見たい番組もあるし…。体が不自由なですが、じっとしていることができないんです。それに、外に出れば誰かに会えるかも?

 

 

 

  そうこうしているうちに、私の雨がっぱが目に留まりました。窓の外を見ると、この程度なら大丈夫そうです。よし決行だ。居ても立ってもいられなくなりました。バッグを背負い、雨がっぱを着て、靴を履き、ドアのカギを閉め、をついて…。

 

 

 

  途中、私は無意識に勢いをつけ歩いていました。すると、女性の方が、そっとを差し出し「大丈夫ですか?」と声を掛けて下さったんです。少し驚きました。雨がっぱを着ていましたが、それでも、お言葉に甘えて…。「すみません」と伝え、ちょっと照れくさかった。2人で1人の傘に寄り添うようにして、ゆっくり歩きバス停に着きました。優しい方だなぁと思い「ありがとうございました」とお礼を言いました。

 

 

 

   半分ほど濡れていただろう女性の方は「私もバスに乗りますね」とニコニコ笑って言われました。こんなにも気を使っていただき、ありがたいと思いました。何げないしぐさが素敵だし、それでいて、とても丁寧な言葉。素晴らしい女性に出会って幸せだなぁとつくづく思いました。感謝しても足りないほどのあなたの優しさに、ちょっぴり涙が出そうになりました。また会いたいです」

 

 

 

 

 

 

★こんな方は、めったにいませんね。感謝!

(162)友と忘年会また頑張ろう (2022.12.28(水))📌

読了までの目安時間:約 3分

第162回    2021.12.27(月)

 

 

 

 

 

 

 

「友と忘年会また頑張ろう」

 

 

 

 

 

  友人LINE(ライン)メッセージを送りました。「師走で何かと忙しいですね。ところで2人でプチ忘年会をしませんか?」。私はワクワクしながら返信を待ちました。

 

 

 

 

 友人は椎間板ヘルニアを患い、私は障害者です。2人とも立っていることすら、おぼつかなくて、会っても多分ソファに座っているか、横になっているかもしれないな。しばらくするとメッセージが。「私も会いたいのでプチ忘年会やりましょう」。

 

 

 

 

 当日、お互いがを見るなり「元気で何より」。嬉しくなり、積もる話もたくさんあって尽きない。プチ忘年会も無事に終わりました。

 

 

 

    

 今年も、あとわずか。1年が超早いと戸惑っています。あれも、これも、することが山ほどあり、少しずつしかできない状態です。でも、来年に取っておくのもいいかなぁと思うようになりました。

 

 

 

 

 

 来年は、いい年でありますように。また、頑張ろうと本当に思いました」

 

 

 

 

 

 

 

1年間ありがとうございました。来年どんな年だろう?ワクワク!

 

 

 

(161)津波から避難対策を急ごう(2022.11.25(金))📌

読了までの目安時間:約 2分

第161回     

 

 

 

 

 

 

 

「津波から避難対策を急ごう」

 

 

 

 

 

 「「津波が来たら、どうやって、どこに逃げるか?」と次女三女とで考えました。私は昨日から延岡に用事があってきています。母と三女の家は海が近く堤防が、すぐの所にあります。次女も海が近いのですが10㍍以上ある高台に住んでいます。予想される津波の到達する時間は20分と聞いているので、みんなで地図を見てみました。

 

 

 

 

 津波の高さは、宮崎では14㍍ほどといいます。避難する高いところ、それも安全な場所や20分ほどで行けるところは?「今山に逃げるか?」「そうすると歩いて、だと時間がかかるから、自転車で逃げればいいか?」「1回シミュレーションしてみるか」と、いろいろ話は尽きないようで。

 

 

 

 

 いつかは、分からないが「確実に起こる」と専門家たちは言います。宮崎市内の私たちも急がなくては…。「備えあれば憂いなし」と言うではないか」

 

 

 

 

 

 

★津波は本当に、いつ起こるか分からないですネ。対策を急がなきゃ!

(160)小さな親切で涙出そうに (2022.10.13(木))📌

読了までの目安時間:約 2分

第160回 

 

 

 

 

 

 

 

「小さな親切で涙が出そうに」

 

 

 

 

   

 

 

 「喫茶店のドアを開けようとすると、男性の方が、さっと動きドアを開けて下さった。は、少し驚きましたが「すみません」とを言いました。杖をついた私は、片手でドアを開けるのが、なかなか思うようにいかない。 その方は、ニコニコ笑っていました。その方の言葉は日本語ではありませんでした。

 

 

 

 

  私は、席に着きました。その方たちは、男女6人いて、おしゃべりしていました。お礼を言いたいんですが、その方たちには日本語は、難しいだろうか?そういえば、店員さんに中国の女性の方がいたんだ。事情を説明すると、その女性の方は「いいですよ」と笑っていました。

 

 

 

 

 

 私が6人の所に行き「ありがとうございました」と言い、店員さんに通訳して頂きました。

 

 

 

 

 

  私は、ちょっとのことがうれしい。みんな親切で丁寧な言葉に涙が出そうになります。本当に感謝しても足りないほどに…」

 

 

 

 

 

 

 

★コロナ禍で旅行する方も少なくなりました。また宮崎県にも多くの人たちがくればいいなぁ。  

(159)あいさつに感謝 (2022.9.2(金))📌

読了までの目安時間:約 2分

第159回    2006.9.9

 

 

 

 

 

 

 

「あいさつに感謝」

 

 

 

 

 

 「時々大型ストアーで昼食をとります。

 

 

   

 レジに行くと「いらっしゃいませ」とか「今日は涼しいみたいですね」とか、「いつも、ありがとうございます」と店員さんたちが優しい笑顔。いつも、素敵に見えます。

 

 

 

 

 店員さんが、生き生きしていると、でさえ、がんばろうという気持ちになり、ワクワクします。

 

 

 

 

 

 

 今度は私から「こんにちは。今日もいい天気ですね」と声を掛けてみようかなぁ?それって素晴らしい事かもと、ふっと思いました。店員さんたち!いつもご苦労様です」

 

 

 

 

 

 

 

★店員さんたちは、一生懸命で頭が下がる思いです。

1 2 3 17
2023年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿
カテゴリー