ラベンダー ポプリ

ラベンダーポプリ日記

(123)朗らか店員に髪も心も爽快(2020.5.26(火))📌

読了までの目安時間:約 2分

第123回      2014.5.15(木)

 

 

 

 

 

 

「朗らか店員に髪も心も爽快」

 

 

 

 

 

「肌寒いとを切るのも、おっくうになりますが、暖かくなればゴソゴソ動き出し、は鈍い体を少しずつ慣らし体調を整えます。一気に髪をバサッと切って、すっきりしようとカットのお店に行きました。「いらっしゃいませ~」とらかに。そして、何だろう、この雰囲気は?全員が声を掛け生き生きしているんです。お客さんたちは次から次に順番待ち。店員さんたちは忙しそうです。は40分ほどで順番が回ってきました。店員さんは「どんなにしましょうか?」とニコニコ笑って言いました。「おまかせします」とも笑顔で答えました。忙しいのにテキパキと、それでも、杖をついているを見て、移動するときも、ゆっくりえてくれました。さっぱりしたは「あの店員さん。お客さんたちの気持ちが理解できる方だ」と感激し胸がジーンとなりました。ほかの店員さんたちも、爽やかでした。は、また来ようと爽快な気分でした」

 

 

 

 

 

 

 

ここのカットは上手で、大好きなんです。

(122)もちとうきび(2020.5.9(土))📌

読了までの目安時間:約 2分

第122回    2014.5.23(金)

 

 

 

 

 

「もちとうきび」

 

 

 

 

「もちもちとした、もちとうきび(とうもろこし)。ほっぺたが落ちそうになるほど、たまらなくおいしいんです。幼いころ、が大きなに、もちとうきびをたくさん入れグツグツ煮込みます。まだか、まだかとみんな、じれったい。「できたよ!」とが嬉しそうに笑うと、我先にと奪い合いながら、おなかいっぱいになると、それだけで幸せな気分になったっけ。夏休みになると椎葉祖母の所に2週間泊まりました。バスの中はまだクーラーなどなく、と2人汗だらだら。くねくね曲がりくねった山道を行くと、バスを降り祖母の家までは後ちょっと。2人フウフウいいながら、やっとたどり着きました。すると、クンクンと鼻がきくは「もちとうきびじゃ」とワクワクしました。「よう来たなぁ!」と大好きな祖母の笑顔が印象的でした。祖母のもちとうきびは煮るのではなく火鉢で焼き、パチパチっとはじけ本当においしかった記憶があります。今頃の時期、太陽の光を浴びながら店頭に並ぶスイートコーン主人も、もちとうきびがこんなに好きなのに、子どもたちは、あまり欲しくはないようです。は、今も一生懸命、もちとうきびを作っています。は、毎年実るころを見計らって、にメールします。「もちとうきび送ってね。この味は、たまらん

 

 

 

 

 

亡き祖母が作る”もちとうきび”は頭の中にずっと残っています。

(121)厳しい気温差地球どうなる(2020.4.10(金))📌

読了までの目安時間:約 2分

第121回   2015.4.25(土)

 

 

 

 

 

「激しい気温差地球どうなる」

 

 

 

 

「先日の夕方NHKのテレビニュースで「最高30度を超え真夏日となりました」と。普通は4月になれば少し肌寒い。が、この暑さは半端じゃないとは、びっくりしています。でも本当に温度の差が激しくて寒の戻りで冬に逆戻ると、みんな体がついていかなく体調を崩します。は、いろんな草花や山、川、海、の色で四季折々に変わっていく姿が大好きです。でも、だんだんとは、ちょっとしか、なくなりだけになるのでは?衣替えも何を着ていいのやら分からなくなり戸惑いを感じています。からにかけ今の時期ショーウインドーに飾ってあるマネキンを見ると服装に違和感を覚え考えてしまいます。の場合は肌に感じた服装を納得いくまで装備を点検し、一枚着込んで出掛けます。日本の文化は進歩し同時に地球の変化に、どうにもできなくて歯痒い私たち。なすすべもないのだろうか?」

 

 

 

 

 

四季がなくなるのでは?と、それでも世の中の移り変わりを確りと記憶に残そうと思います。

 

(120)10年来の痛み病院行き解決(2020.4.9(木))📌

読了までの目安時間:約 2分

第120回    2014.4.4(金)

 

 

 

 

「10年来の痛み病院行き解決」

 

 

 

 

は、10年ほど前から少しずつが痛くなり、2カ所ほど湿布しています。ひどいときには3~5カ所に張り、痛くてどうしようもないときは、鎮痛剤を飲み緩和しています。先日、友達に「足や腰が痛い」と話したら「整形に行って聞いてみたら」と言うもんで行ってみました。が、話すると先生は、ゆっくりと、そして熱心に答えてくださりました。先生の優しい言葉に感激し、体がフッと軽くなり、痛みも少しとれた気がしました。先生が「足と腰を少し鍛えると良くなるよ」とニコニコ笑って教えて頂きました。足腰のストレッチを3通りのパターンで教えて頂き、は「ありがとうございました。やってみます」と笑顔で言いました。早速、家でストレッチしてみようと思いました。先生に出会っての悩みが解決し、吹っ切れました。一生懸命だと、きついので適当に、それでも、前向きにリハビリを続けてみようと思いました」

 

 

 

 

 

『椎間板ヘルニア』になり今はリハビリ頑張っています。

(119)身障者配慮の都市整備願う(2020.4.8(水))📌

読了までの目安時間:約 2分

第119回   1997.4.12(土)

 

 

 

 

 

「身障者配慮の都市整備願う」

 

 

 

 

「先日、新聞にアメリカのバスのことが書いてありました。それは、アメリカのある都市の公共の路線バスで、車いすでも、乗り降りできるリフト付きバスでした。また、街中の交差点歩道などの段差をなくすように、町づくりを進めている都市もあるそうです。日本では身障者が利用できるリフト付きバスというと、公共の路線バスでは東京大阪などの都市でノンステップバスが一部で走り始めただけですが、あとは社協福祉施設などが所有しているぐらいです。これでは、個人が自由に利用できる機会もなく、存在すら知らない人も多いと思います。最近、ようやく障害者のことを考えた環境整備など分野にも力が注ぎこまれていますが、障害者が利用する立場になって、つくられているものは少ないのでは…。普及が進む欧米に比べ開発が遅れていると思います。今後ますます高齢者が増え、障害を持つ人たちも増える社会が来ることを考えると、すべての路線バスにリフト付きバスを、とまでは言いませんが、せめて道路や街並みの整備ぐらいは早期にして欲しいし障害者でも自由に利用できる公共の交通機関の充実を願っています」

 

 

 

 

 

 

『ノンステップバス』利用する方が多いです。本当にありがとうございました。

(118)サイズ小さく便利なニモカ(2020.3.24(火))📌

読了までの目安時間:約 2分

第118回    2016.3.10(木)

 

 

 

 

 

「サイズ小さく便利なニモカ」

 

 

 

 

「去年、宮崎交通社員の友人から「nimoca(ニモカ)に替えた方がいい」と言われました。年末で、忙しくてんてこまいで、お客さんたちも混雑するのではと思ったのでしょう。は今年3月末で切り替えれば、それでいいと単純に思っていました。でも、早い方が、良い事もあると早速「ニモカ」に替えました。は前の「バスカ」は身障者手帳を乗務員の方に、ちゃんと見せて、そして、操作していました。今度は前とは違って「ニモカ」をかざすだけで身障害者手帳もインプットしているので本当に便利です。それより、なにより「ニモカ」は「バスカ」より少し小さいサイズです。これならカードケースも、どこにでもある100円ショップで十分です。にとっては嬉しくて感謝、感激です。平成14年10月「バスカ」開始から改良を重ね、ようやく、ここまで来れたのも宮崎交通様のおかげです。本当にありがとうございました」

 

 

 

 

コンパクトなnimoca」は本当に便利です。ありがとうございました。

(117)楽しみデイサービス(2020.3.9(月))📌

読了までの目安時間:約 2分

第117回    2015.3.9(月)

 

 

 

 

 

 

「楽しみデイサービス」

 

 

 

 

 

「腰痛で難儀していた。記念病院のケアマネージャーの方に相談すると「近くの包括支援センターの方に話してみて下さい」と。が不自由なので、担当の方に家まで来ていただいてみを打ち明け、思い切って「デイサービスを利用します」とお願いしました。何度も計画を練っていただき、やっと完成しました。担当の方、デイサービス事業者の方、3人で契約を交わし、いよいよ開始。その日は、ちょっぴりワクワクし玄関で椅子に腰掛けてを履き、そわそわしながら、あと5分、4分…。「ピンポン」あっ!きた。「は~い」とドアを開けると職員の方がニコニコ笑って「おはようございます」。「よろしくお願いします」と。デイサービスに着くと少し緊張しましたが、それでも、午前中はリハビリ、アロマでマッサージしてくれ昼食、休憩、午後は集団体操と一日充実しています。特にのお気に入りのアロマセラピーは本当に癒されます。「気から」といいますが自然とリラックスすれば痛みも緩和できるようです。おまけに1か月に8,9回利用できますので、にとっては嬉しい悲鳴。みんな和気あいあいと、それでいて生き生きしていて楽しいです。カレンダーを見ながら「今度は木曜日だ」とウキウキしながら…」

 

 

 

 

 

 

今は「通所リハビリ」で午後から2時間ほど通っています。

(116)親から子へ(2020.2.2(日))📌

読了までの目安時間:約 2分

第116回    2016.2.26(金)

 

 

 

 

 

親から子へ」

 

 

 

 

 

孫息子が夕方、の家に来て息子も仕事が休みなので孫の子守で、ゆっくりしていました。「ちょっとミシン使うね」と。「おっ!今度は何を作るんだろうか?」との中で少し考え、それでもウキウキしながら「う~ん!使っていいよ」とテレビを見ながらを掛けました。そういえば短大時代、服装科でした。基礎から学び徹底的に鍛えられました。結婚してからもミシンは、なくてはならない存在になり今では時々ポプリなど作っています。そのせいか、以前が「あんたに似て、あーちゃん(娘)ミシンが好きだわ。ハハハ」と笑っていたなぁ。とそう思っている間にはトイレに行った時を見計らって、そっと部屋をのぞいてみました。「まぁ!そうくん手提げ袋を作っているんだ」。それも器用細かな作業です。は驚きが高まりキュンとなりました。「やっぱり、そっか」。遺伝子がつながっています。ということは、おのずと好きなことは同じように、やってみたいと思うのでしょう。は嬉しいやら楽しいやらで本当に愉快からへと伝えられるって素晴らしいことだと実感し、ちょっぴり涙ぐむ。今度は何を作るんだろうかは?興味が湧き、どんな構造を練るのやら想像するだけでもワクワクしています」

 

 

 

 

 

は作り物が大好きで子供用など楽しんでいます。

タグ :  

未分類

(115)掃除する2人出会い楽しみ(2020.1.9(木))📌

読了までの目安時間:約 2分

第115回   2015.1.16(金)

 

 

 

 

 

「掃除する2人出会い楽しみ」

 

 

 

 

 

が時々、宮崎市一番街をゆっくり歩いていると、向こうから年配の男性2人が作業しているのを見かけます。それも、一生懸命掃除したり、たばこの吸い殻を片づけたりしています。通りはほこり1つなく、きれいになり気持ちがいいです。先日、用事があり一番街に行くと朝早く人通りもまばらでした。すると、掃除する方たちに出会ったんです。は思い切ってを掛けました。「おはようございます。ご苦労様です」と。2人は少し驚いた様子でしたが、それでも、「おはようございます。今日は、冷えますね」と返事していただいたんです。は、すかさず「が、ちらちらふってますね」と、おしゃべりし「お疲れ様です」とあいさつして別れました。笑顔いっぱいの、その方たちに、声を掛けることで、元気が出て、ときめき楽しくなります。あの年配の方たちに、また会えたら、今度は何を話そうか?と、ちょっぴりワクワクしています」

 

 

 

 

 

 

掃除する年配の方たちは、本当に一生懸命です。頭が下がる思いです。

(114)バスの運転手女性増を期待(2020.1.1(水))📌

読了までの目安時間:約 2分

第114回    2014.1.16(木)

 

 

 

 

 

「バスの運転手女性増を期待」

 

 

 

 

 

「「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と女性の方でバスの運転手さんは言いました。ニコニコ笑って、それに、なんとも朗らかな感じでしようか。は見ていて、嬉しくなりました。そういえば去年のこと。はバスに乗ろうとしたとき、突然転倒してしまいました。「大丈夫ですか?」とを掛け、すぐに運転手さんが駆け付けてくれました。「本当に親切で、素敵な方だな」と思っていました。最近では宮崎交通に女性の運転手さんたちが進出し、は頼もしいと思っています。女性の運転手さんたちは男性とは、また違う考え方がある気がします。小まめに気を使い、それでいてユーモアたっぷりで感心しています。これからも、どんどん女性の運転手さんたちが多くなることを期待しようと思います。そして、あの時、助けていただいた運転手さんに、お礼を言います。「ありがとうございました」

 

 

 

 

 

 

 

今年も宜しくお願いします!

 この女性運転士さんは今は高速バスに勤務しています。めでたしめでたし!

1 2 3 13
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿
カテゴリー