ラベンダー ポプリ

ラベンダーポプリ日記

日々の生活の中で感じたことを徒然なるままにお届けします。

(122)もちとうきび(2020.5.9(土))📌

読了までの目安時間:約 2分

第122回    2014.5.23(金)

 

 

 

 

 

 

「もちとうきび」

 

 

 

 

「もちもちとした、もちとうきび(とうもろこし)。ほっぺたが落ちそうになるほど、たまらなくおいしいんです。幼いころ、が大きなに、もちとうきびをたくさん入れグツグツ煮込みます。まだか、まだかとみんな、じれったい。「できたよ!」とが嬉しそうに笑うと、我先にと奪い合いながら、おなかいっぱいになると、それだけで幸せな気分になったっけ。夏休みになると椎葉祖母の所に2週間泊まりました。バスの中はまだクーラーなどなく、と2人汗だらだら。くねくね曲がりくねった山道を行くと、バスを降り祖母の家までは後ちょっと。2人フウフウいいながら、やっとたどり着きました。すると、クンクンと鼻がきくは「もちとうきびじゃ」とワクワクしました。「よう来たなぁ!」と大好きな祖母の笑顔が印象的でした。祖母のもちとうきびは煮るのではなく火鉢で焼き、パチパチっとはじけ本当においしかった記憶があります。今頃の時期、太陽の光を浴びながら店頭に並ぶスイートコーン主人も、もちとうきびがこんなに好きなのに、子どもたちは、あまり欲しくはないようです。は、今も一生懸命、もちとうきびを作っています。は、毎年実るころを見計らって、にメールします。「もちとうきび送ってね。この味は、たまらん

 

 

 

 

 

 

亡き祖母が作る”もちとうきび”は頭の中にずっと残っています。

(121)厳しい気温差地球どうなる(2020.4.10(金))📌

読了までの目安時間:約 2分

第121回   2015.4.25(土)

 

 

 

 

 

「激しい気温差地球どうなる」

 

 

 

 

「先日の夕方NHKのテレビニュースで「最高30度を超え真夏日となりました」と。普通は4月になれば少し肌寒い。が、この暑さは半端じゃないとは、びっくりしています。でも本当に温度の差が激しくて寒の戻りで冬に逆戻ると、みんな体がついていかなく体調を崩します。は、いろんな草花や山、川、海、の色で四季折々に変わっていく姿が大好きです。でも、だんだんとは、ちょっとしか、なくなりだけになるのでは?衣替えも何を着ていいのやら分からなくなり戸惑いを感じています。からにかけ今の時期ショーウインドーに飾ってあるマネキンを見ると服装に違和感を覚え考えてしまいます。の場合は肌に感じた服装を納得いくまで装備を点検し、一枚着込んで出掛けます。日本の文化は進歩し同時に地球の変化に、どうにもできなくて歯痒い私たち。なすすべもないのだろうか?」

 

 

 

 

 

四季がなくなるのでは?と、それでも世の中の移り変わりを確りと記憶に残そうと思います。

 

(120)10年来の痛み病院行き解決(2020.4.9(木))📌

読了までの目安時間:約 2分

第120回    2014.4.4(金)

 

 

 

 

 

 

 

「10年来の痛み病院行き解決」

 

 

 

 

は、10年ほど前から少しずつが痛くなり、2カ所ほど湿布しています。ひどいときには3~5カ所に張り、痛くてどうしようもないときは、鎮痛剤を飲み緩和しています。先日、友達に「足や腰が痛い」と話したら「整形に行って聞いてみたら」と言うもんで行ってみました。が、話すると先生は、ゆっくりと、そして熱心に答えてくださりました。先生の優しい言葉に感激し、体がフッと軽くなり、痛みも少しとれた気がしました。先生が「足と腰を少し鍛えると良くなるよ」とニコニコ笑って教えて頂きました。足腰のストレッチを3通りのパターンで教えて頂き、は「ありがとうございました。やってみます」と笑顔で言いました。早速、家でストレッチしてみようと思いました。先生に出会っての悩みが解決し、吹っ切れました。一生懸命だと、きついので適当に、それでも、前向きにリハビリを続けてみようと思いました」

 

 

 

 

 

 

『椎間板ヘルニア』になり今はリハビリ頑張っています。

(119)身障者配慮の都市整備願う(2020.4.8(水))📌

読了までの目安時間:約 2分

第119回   1997.4.12(土)

 

 

 

 

 

 

「身障者配慮の都市整備願う」

 

 

 

 

「先日、新聞にアメリカのバスのことが書いてありました。それは、アメリカのある都市の公共の路線バスで、車いすでも、乗り降りできるリフト付きバスでした。また、街中の交差点歩道などの段差をなくすように、町づくりを進めている都市もあるそうです。日本では身障者が利用できるリフト付きバスというと、公共の路線バスでは東京大阪などの都市でノンステップバスが一部で走り始めただけですが、あとは社協福祉施設などが所有しているぐらいです。これでは、個人が自由に利用できる機会もなく、存在すら知らない人も多いと思います。最近、ようやく障害者のことを考えた環境整備など分野にも力が注ぎこまれていますが、障害者が利用する立場になって、つくられているものは少ないのでは…。普及が進む欧米に比べ開発が遅れていると思います。今後ますます高齢者が増え、障害を持つ人たちも増える社会が来ることを考えると、すべての路線バスにリフト付きバスを、とまでは言いませんが、せめて道路や街並みの整備ぐらいは早期にして欲しいし障害者でも自由に利用できる公共の交通機関の充実を願っています」

 

 

 

 

 

 

 

『ノンステップバス』利用する方が多いです。本当にありがとうございました。

(118)サイズ小さく便利なニモカ(2020.3.24(火))📌

読了までの目安時間:約 2分

第118回        2016.3.10(木)

 

 

 

 

 

「サイズ小さく便利なニモカ」

 

 

 

 

「去年、宮崎交通社員の友人から「nimoca(ニモカ)に替えた方がいい」と言われました。年末で、忙しくてんてこまいで、お客さんたちも混雑するのではと思ったのでしょう。は今年3月末で切り替えれば、それでいいと単純に思っていました。でも、早い方が、良い事もあると早速「ニモカ」に替えました。は前の「バスカ」は身障者手帳を乗務員の方に、ちゃんと見せて、そして、操作していました。今度は前とは違って「ニモカ」をかざすだけで身障害者手帳もインプットしているので本当に便利です。それより、なにより「ニモカ」は「バスカ」より少し小さいサイズです。これならカードケースも、どこにでもある100円ショップで十分です。にとっては嬉しくて感謝、感激です。平成14年10月「バスカ」開始から改良を重ね、ようやく、ここまで来れたのも宮崎交通様のおかげです。本当にありがとうございました」

 

 

 

 

 

 

コンパクトなnimoca」は本当に便利です。ありがとうございました。

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿
カテゴリー