ラベンダー ポプリ

ラベンダーポプリ日記

(69)意見取り入れ「バスカ」改善を(2017.11.30(木))📌

読了までの目安時間:約 2分

第69回      2002.12.2(月)

 

 

 

 

 

 

「意見取り入れバスカ改善を」

 

 

 

 

宮崎交通の「バスカ」が10月10日に、目見えしました。先日、初めてバスカ」を試しに乗ってみました。バスに乗る時、「バス」を読み取り機にかざします。整理券はいらないそうです。バスに座って終点で降ります。は「障害者手帳」を出して見せ、運転士さんに操作し「バスカ」をかざして終わります。なかなか手間かります。片手身障者手帳と「バスカ」を見せなければいけません。難儀です。たちの「身障者手帳」は交付します。ならば、宮崎交通で、身障者知的障害者を「バスカ」にインプットすれば、何もいちいち見せなくても、いいのではないでしょうか?「バスカ」は、ずっと使えて、お金を乗務員の方に払えば、またそのカードでできます。「身障者手帳」をどうするかで、それが問題です。まだまだ、みんなの意見を取り込んで頂きたいと思います。そうすれば、になります」

 

 

 

 

 

 

 

宮崎交通様も当時は試行錯誤でしたが最近「ニモカ」に変わり、身障者手帳をインプットし改善されたようです。それにカードも小さくなり本当に便利になりました。

(3) 身体障害者に豊かな生活を(2017.6.2(金))📌

読了までの目安時間:約 2分

第3回   1996.11.5(火)

 

 

 

 

 

「身体障害者に豊かな生活を」

 

 

 

 

 

身体障害者です。右の麻痺失語症があります。発病後4年が過ぎました。3年前は、リハビリに行って帰るという毎日でした。

でも、4年目になると、自分のことは、ちゃんと考えなきゃと思い、料理を作り、洗濯をし、生活する能力が次第ににつくようになりました。喫茶店でコーヒーを飲んで、外食もできるように、少しずつ生活範囲めていきました。そして、バスにも乗り、美術館などへも行きました。月並みな事でも、身体障害と隣り合わせで生きなければなりません。市の福祉保健センターでは、機能訓練事業などを実施しているのですがリハビリだけでなく、身障者がより生活をにでき、社会参加できるような趣味の教室や講座などを開催してしいです。障害とは、一生の付き合であり、今までの生活とは、違った生き方をしなければならないのですから」

 

 

 

 

 

 

 

私たち障害を持つ人たちに精一杯生きて欲しいと思います。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿
カテゴリー